リサイクル素材のアイテムを利用しよう

いらなくなったプラスチック素地を利用して、風呂敷に活用することが可能です。

ペットボトル99%を利用したアイテムがあり、環境にも優しいということで
購入する人が増えています。

プラスチックゴミの中で大きな比重を占めるペットボトルですが、
そのリサイクル樹脂を使用した再生ポリエステル繊維を活用して
風呂敷を作成するのに成功しています。

再生素材をできる限り使うように配慮されていて、大きさや用途などを
限ることがなく、アイデア次第によっていろいろな使い方を行うことが可能です。

地球上からごみを減らしたいという思いから、再生繊維の使用にこだわった製品になります。

水洗いすることができるので、さまざまなウィルス感染対策に利用することが可能です。
ウィルス感染対策として、スーパーマーケットの中にはマイバッグへの
袋詰めをストップしているところがあります。

その理由として、マイバッグを介して感染を防ぐためです。
マイバッグをこまめに洗濯しなければいけませんが、
水洗いができたり乾きやすいものが良いでしょう。

マイバッグを持っている人が増えることによって、
レジでの滞在時間が増えたりレジの周辺が混雑する状況が指摘されています。

パッと広げてすぐに包めるのが風呂敷のメリットです。

マイバッグの代わり

オリジナルデザインを購入しよう

フロシキにはおしゃれやかわいさなども大切で、京都のれんのフロシキは
様々なデザインが採用されています。

毎日使うものになるので、お気に入りの柄を利用したいものです。

フルカラーによるインクジェットプリントを採用していて
色鮮やかなデザインが多く、レジ袋有料化やエコ対策に
対応することができます。

使用素材について、東洋紡エコールクラブを採用していて、
これはペットボトルのリサイクル樹脂を活用している再生繊維です。

ペットボトルの再利用になりますが、通常の生地の風合と
ほとんど同じになります。

さまざまなサイズがあり、エコイストデザインフロシキを
買い物に利用することが可能です。

京都のれんではオリジナルデザインはもちろん、オーダーメイドも
利用することができ、ショップや企業などのノベルティや
グッズとして採用することができます。

フルカラー仕様に対応していて、少量から製作してくれるので便利です。

フルカラーの風呂敷

オリジナルデザインやロゴやデザインなどを入れた、世界に1つだけの
環境に優しいフロシキを購入することができます。

リーズナブルな価格で購入することができ、洗ってもすぐに乾くので
毎日清潔に使用することが可能です。

今や撥水の物もある!ふろしきが進化してきた歴史

ふろしきの歴史は風呂敷という呼び方ではありませんでしたが、
奈良時代に正倉院の宝物を包んだものでツツミと書物に記されています。

室町時代になって風呂で脱いだ着物を包むために使われるようになり、
それが今日のふろしきとなったと言われているのです。

その後江戸時代になると使われている素材によりふろしきの呼び名が
違っていたのですが、庶民の生活の中で銭湯にいく時の着替えや道具を
包んだり荷物を運ぶために使われるようになってきました。

つつむ

ふろしきは何も包まない時は小さくたたんでバッグの中に入れておくことができ、
いざ荷物が出来た時にはそれがどのような形であっても丸いスイカであったり、
ワインなどのボトルであっても包むことができるのです。

今日では社会でエコ生活が主流となってきていることもあり、
ちょっとした買い物の時にはそのまま便利につかったり結び方1つで
バッグのようにも使えます。

プレゼントやお土産をふろしきに包んで相手先に行くと、それだけで丁寧な印象を
与えるようになるのです。

バッグにもなる

日本人の生活の中に溶け込んで長い歴史を持っているのですが、
ふろしきは使われている素材にもいろいろな変遷があります。

伝統的な物は絹・綿があり、その生地の加工方法により肌触りが心地よい
ちりめん・紬・夏用の着物の絽などの風合いを出しているのです。

使われている素材は近年では水を運ぶことができるとまで言われている
撥水コーティングが施されているものもあり、急な雨や災害時などには
給水バッグにしたりシートなどにも利用できると便利に利用されています。